浮気の原因 離婚の準備

離婚する場合、しっかりと確認しておかなければならないことが下記の3項目です。

 

財産分与
夫婦が離婚する場合、婚姻期間中に2人で築いた財産をは平等に分けることになっています。
土地・不動産・株式・年金・預貯金など事前に調べておきましょう。

 

親権
夫婦が離婚する場合には、双方の同意が確認できていれば離婚理由は問われません。
子供を持つ夫婦が離婚する場合には、子供の親権をどちらが持つか定めなければ法的に離婚が認められません。
離婚届にも未成年の子供の親権を記載する欄が設けられています。

 

養育費
未成年の子供が成人になるまで必要な生活費や学費などを親が負担しなければなりません。
離婚して親権がなくても、同居していなくても支払う必要があります。

 

 

 

 

浮気の慰謝料と相場

 

浮気の慰謝料は精神的な損害を補てんするものであるため、単純にいくらと算出することは難しいようです。

 

ただし実際にこれまでの裁判の事例などに基づいた一定の相場のようなものがありますので、いざという場合には参考にしてみてください。

 

実際の浮気の慰謝料については、50万円から300万円程度となることが多いようです。

 

浮気といってもそれぞれの立場や不貞行為の内容により、慰謝料の目安が変動することになります。

 

例えば別居や離婚をしないで夫婦としての生活をこれからも継続する場合には、慰謝料は50万円から100万円程度になるでしょう。

 

一方で別居や離婚などの場合には慰謝料は高額になり、別居することになった場合には100万円から200万円程度、さらに離婚に至った場合には200万円から300万円程度となることが多くなります。

 

その他には結婚していた期間の長短や、子供の有無なども慰謝料の額に影響することになります。

 

結婚していた期間が長い場合や子供がいる場合には増額の対象となりますし、一方で結婚していた期間が短い場合や子供がいない場合には減額の対象となるのです。

 

浮気をした側の態度に誠意が感じられない場合にも増額の対象となりますので、くれぐれも誠実な対応を心がけるようにしましょう。

 

浮気の時効

 

刑事事件には時効というものが設けられています。

 

現実問題として全ての刑事事件を現場の刑事や警察官が捜査する事は困難です。

 

また非常に古い事件については証拠や証言の有効性が揺らぐ事もあります。

 

時効を過ぎた事件はついては基本的に逮捕と起訴が出来なくなり、犯人が分からない場合は迷宮入りです。

 

一方で刑事事件ではありませんが浮気にも時効の概念が存在します。

 

浮気は刑事罰のある犯罪ではなく、あくまで民事の不法行為となりますので、時効という表現は実は正確ではありませんが、いわゆる慰謝料請求の権利に時効が存在しており、不法行為が起きてから20年を過ぎると、請求権が自然消滅します。

 

そのため20年以上前の浮気については、パートナーであったとしても慰謝料請求を事後的にすることが困難です。

 

結婚前にしていた浮気については訴えられない、と世間一般に言われる理由はこの慰謝料請求の時効が関連しているのです。

 

またパートナーの方が配偶者の浮気を知った時点から3年以上、何もアクションをしなければ同様に請求権が自然消滅します。

 

パートナーの浮気に気づいたが、もう少し先になってから浮気の事を追及しようと、あえて知らないふりをなさる方々がいますが、3年以上放置するとたとえ具体的な不貞行為の事実と証拠があっても、請求が難しくなりますので要注意です。

 

浮気している事を会社に暴露したら名誉毀損?

 

浮気している事を会社に暴露したら名誉毀損に当たるのかは、その暴露の内容が明確な証拠があって述べているのかが重要になります。

 

そもそも名誉毀損とは公の場で不特定多数の人間にたいして、当事者を攻撃する内容を拡散することで社会的信用を著しく低下させたことで生じた不利益を賠償請求する法令です。

 

浮気している事を会社に暴露したら名誉毀損になるのかについて、ここで賠償請求になる大事な要点はその内容が真か否かになります。

 

浮気現場だと思って目撃した状況が本当に浮気かどうか明確な確証がないのに、その明確ではない情報を意図的に会社内で広めた場合になります。

 

もし名誉棄損になった場合には、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金刑が下される重い処分が科されます。

 

ただし名誉毀損は重い罰則なので、しっかりとしたルール作りが成されています。

 

この刑罰というのは、明確な確証がない情報を意図的に広めたことで社会的信用が落とした事実があって初めて効力を持つ権利です。

 

この拡散された情報で社会的信用が落ちたとしても、その浮気の情報が本当に事実ということが確証を得ることができれば権利は失効することになります。

 

どちらにしても暴露するのであれば、明確な解消がない限りはやめておいたほうが無難です。

離婚の理由

浮気が原因の離婚。

 

証拠を掴んでおけば慰謝料や親権問題で有利になります。

 

ここでは、浮気やその他の理由で離婚される場合に後悔しない方法を体験談を含めて紹介しています。

 

離婚をしたいのにできなかったので後悔

 

私が後悔をしているのは、元旦那となかなか離婚をすることができなかった事です。

 

元旦那は、仕事もしっかりしているし周りの人達から見ると申し分のない地位でした。

 

しかし結婚生活はと言うと、とても苦しかったのです。

 

その苦しかったというのは、彼が浮気をしていたことです。

 

その浮気をしているのは、結婚をして一年目の時でした。

 

お見合いで結婚をしているので、そんな人と思わなかったのです。

 

しかし相手の女性から、何度も離婚をして欲しいと言う電話があったりして浮気をしていることは確実でした。

 

しかしそのことを彼が認めなかったのです。

 

それからは、仮面夫婦のようになっていました。

 

離婚をしたほうがずっといいと思ったのに、どうしてしてくれないんだろうとそんな気持ちに押しつぶされそうでした。

 

子供を作らないのも、とても嫌だったんですね。

 

そのことも結婚前の付き合いが浅かったのでそんな風に考えているなんて全く知りませんでした。

 

私は子供が欲しい、彼は嫌がっている、浮気をしている、そのことについて本当に辛かったのです。

 

しかしその事を、両親にも相談できなかったし友人にも話すことができませんでした。

 

すごい人と結婚をしたねと、祝福されていたからです。

 

しかし心の中は、辛くてたまらなかったのです。

 

そしてその辛い思いを抱えて、離婚をしてくれなかったので5年も経過していました。

 

何度も離婚をして欲しいと伝えていたので、彼の方がやっと了承してくれたのは結婚6年目でした。

 

その時は、バラ色の気持ちになりましたね。

 

その私の様子をみて、両親もとても納得をしてくれました。

 

今思うと、そんなに長く悩んでいたことがとてももったいないと思っています。

 

その時、いろいろなところに相談に行っていたらこんなに長く辛い思いをすることもなかったのです。

 

弁護士さんに相談したかったです。

 

しかしその勇気がなかったんですね。

 

秘密厳守してくれると分かり、もっと早く相談をしたかったととても後悔しています。

 

離婚後の荷物の整理

 

私は結婚3年目に離婚しました。

 

理由はいろいろありますが、その理由の根本に不妊問題がありました。

 

結婚当初から赤ちゃんが欲しいねと二人で妊活に励んでいました。

 

お互い新婚生活を楽しみながら、子供が出来た時の生活を想像しながら、幸せに暮らしていました。

 

しかし、妊活から1年経っても2年経っても夫婦の元に赤ちゃんがくることはありませんでした。

 

そのうち、夫はプレッシャーから私を怖がるようになり、私は夫への不信感が募り、気づいたら顔を合わせない生活になりました。

 

そして、結婚3年目を迎えた時、私の方から離婚を切り出しました。

 

子供のいない生活なんて、結婚した意味がないと思ったのです。

 

この人とこのまま一生二人で暮らすなんて出来ないと思いました。

 

そして旦那側との話し合いの結果離婚することが決まりました。

 

お互い特にお金や家具などについてもめることもなく、ただ紙切れ一枚の離婚でした。

 

しかし、離婚が成立したとなると私はもう同じ空間にいることができなくなり、自分の衣類や靴など最低限のものをカバンにつめこみ家を出ました。

 

大変だったのはそのあとでした。

 

離婚が成立して新たな気持ちで一人暮らしを始めたのに、頻繁に元旦那と連絡を取る羽目に。

 

なにも考えずに家を出たことで、こまごまとした自分の荷物をたくさん置いてきていたのです。

 

「久しぶり。今日〇〇が出てきたよ。これはどうする?送る?捨てる?」

 

「こんにちは。元気にしてる?〇〇は俺が貰っていいの?それとも使う?」

 

喧嘩離婚では無かったにせよ、顔も合わせたくないと思って離婚した相手と、こんな感じでしばらくの間、連絡を取る羽目になったのです。

 

その時に、あぁもっとちゃんと荷物を整理して一回で済むようにしておけばよかったとすごく後悔しました。

 

荷物を送ってもらうとなると、新しい一人暮らしの住所を教えないといけないから、それが嫌だったのです。

 

このときは幸い協力してくれる友人が荷物を受け取ってくれたので、新しい住所は知られずに済みましたが、今後離婚を考えている方がいらっしゃったら、ぜひ荷物の整理だけはぬかりなくやられることをおすすめします。

 

私の離婚で後悔していること

 

■離婚する際にやっておけば良かった教育費用や養育費用の算定につきまして

 

私は、30代前半の女性で、現在は、再婚して、専業主婦であり安定した生活を送らさせて頂いております。

 

私は、前のパートナーと離婚の原因となりましたのは、前主人の転職癖でした。

 

付き合い始めた当初は、安定した職種として階級制の職場であったのですが、まず私が最初に衝撃を受けたのがその階級でもアルバイトの階級であったと言うことに対して
結婚してから知らされて衝撃を受けました。

 

更に、それが嫌で前主人が転職を決意した直後に妊娠出産したのですがそこからも妻子持ちで県をまたぐ転職も何回もするので、いい加減ついていけなくなり離婚する形になりました。

 

離婚については再三私の方から、次転職したら即離婚すると言った内容であったのですが、普通に転職をされましたので私が怒り浸透して離婚に至ったと言う状況でした。

 

その時は別れたい一心でありましたので、全く何も考えずに、子供は一人でありましたので当然私が引き取らせて頂く形になり、顔も見たくなかったので子供を連れて家を出ると言うような形でありました。

 

そこでやっておけば良かったなと思ったことは、養育費と教育費のことについてでした。

 

本来であればお互いの両親を巻き込んで正式な場所で今後の教育費と養育費の話し合いをして決定した上で、それに前主人が納得してサインして頂き、子供が成人するまで等、制約を付けるような形で同意書に同意して頂くと言うのが理想的な状況であったと言うのですが、自分の感情に身を任せてしまったために、そのようなことはせずに、家を飛び出してしまった自分を非常に恥ずかしく思いました。

 

ですので、うやむやになってしまった形で私も前主人に電話をして催促しにくいですし前主人からも全くと言って良い程、養育費の件で話が無い状況ですので、やはり離婚が決まった際に、養育費や教育費の話し合いについては、家族か第三者を立てて正式に協議しておけば良かったと思っております。

 

離婚体験談について

 

現在40代前半の男性です。

 

27歳の時に結婚して39歳で離婚しました。実に12年間の結婚生活でした。

 

元妻とは大学の同期でした。学生時代から上昇志向が強くて結婚しても仕事をバリバリこなしていました。

 

子供は29歳の時に男の子を一人設けました。

 

僕と元妻との間に隙間風が吹き始めたのは妻が育休から復帰した時です。31歳の頃でした。

 

妻は出産育児のブランクを埋めるように働き始めたのです。

 

家事はもともと半分ずつしていたのですが、だんだんと妻の分が滞るようになってきたのです。

 

僕のことなら良かったのですがそれが子供の世話にまで及んでくるようになると流石に看破できず、妻とは仕事と家庭とのバランスの事で何度も話し合いをしました。

 

しかし結局は良い妥協点を見いだせることはなく、育児は僕の実家の手を借りながらなんとかやったのですが、39歳の時に協議離婚という形で離婚を成立させました。

 

なぜこのタイミングでの離婚になったのかというと元妻に海外赴任の話が出たからです。

 

強制というわけではなく希望者がいたらということだったそうなのですが、元妻は率先して立候補して先行されたようです。

 

僕が聞かされたのは妻が立候補した後のことです。

 

これによってなんとか繋がっていた夫婦間の信頼関係は完全に破城してしましました。

 

僕から離婚を持ちかけて元妻が応じるという形になりました。

 

一応親権は元妻が持ちましたが、実際には僕の手元で子供を育てている状態です。

 

元妻はもともと家庭向きだったのではないと思います。家庭よりも自分が外で評価されること、仕事で成果を上げることの方にウエートを置いていたのです。

 

僕も仕事はありますしサポートには限度がありました。

 

ただ離婚後は逆にわだかまりがなくなって学生時代の頃のような関係に戻ったと感じです。

 

元妻は仕事のパートナー、友人としてはとても素晴らしい人物です。

 

今も僕の手元にいる子供の養育費の大部分は元妻が負担しています。

 

子供との面会時にはただ甘やかすだけではなくしっかりとした教育もしてくれています。

 

元妻は子供を置いて海外に行ったにもかかわらず、子供は元妻に懐いています。

 

僕の離婚は割ともめることもなく財産分与もきちんと折半で綺麗に別れる事が出来ました。

 

離婚後も憎しみ合うこともなくお互い尊敬できる関係を築けています。

 

稀に見る円満離婚だったと思います。

 

と、終わるはずだったのですが、離婚した後に友人から奥さんの会社に男がいる事を知らされました。

 

そうです、私は全く知らずに離婚に応じたのですが元妻には、二年前から交際している男がいたようです。

 

まんまと騙されていたようなんです。

 

今は、海外にいるので何の証拠もありませんが、調査会社に依頼して何とか離婚前から交際していた事実を掴んで裁判を起こすつもりです。

 

離婚は大きな出来事でした

 

私は結婚3年で離婚することになりました。

 

結婚を決めた時、まさか自分が後に離婚するなんて思いもしなかったのです。

 

私達の離婚原因は、簡単に言うと性格の不一致です。

 

それは離婚原因で一番多い理由なのです。

 

お付き合いしている時は喧嘩をすることもなく、仲の良い恋人同士でした。

 

結婚することを決めてから、結婚式のことで少し喧嘩をしてしまいました。

 

よくある話だからしょうがないという思いでいた私でしたが、彼の方は違うようでした。

 

それからも喧嘩は増えていったのです。

 

何でも無い小さなことが原因だったのですが、彼は喧嘩自体なるべくしたくないというタイプだったので毎回ストレスに感じていたようです。

 

次第に彼の仕事が忙しくなっていき、私の方も生活に余裕がなくなってある日大喧嘩をしてしまったのです。

 

彼は積りに積もった怒りが爆発して、離婚したいと言い出しました。

 

最初はそれは無理だと言い張りましたが、私達二人は合わないのだと感じて同意したのです。

 

子供はいなかったので、離婚することで揉める事は全くありまんせんでした。

 

財産分与では、結婚してから二人で貯めてきたお金を半分ずつに分けました。

 

家の家具などは欲しいものがあれば何でも持っていっていいよと言われたので、ベッドやテレビなどをもらうことにしました。

 

私は結婚していた時、パートで仕事をしていました。

 

けれど離婚することで引っ越ししなくてはいけなくなり、仕事も辞めて新しく探さなくてはいけなくなりました。

 

離婚直後は精神的に参っていたのですが、仕事を探さなくてはという焦りがありとてもつらかったです。

 

毎晩何がいけなかったのかと自分を責めてしまい、1ヶ月は家に引きこもる生活が続きました。

 

ただ離婚してからは実家に戻る事ができたので、受け入れてくれた家族にはとても感謝しています。

 

あの時もし一人だったら、不安に押しつぶされていたと思うのです。

 

それから新しく仕事を見つけて少しづつ新しい生活に慣れていきました。

 

離婚という経験は、自分にとってとても大きな出来事でした。

 

夫婦の縁

 

夫婦の縁は離婚するなんて思ってもいない結婚前。

 

特にお金の話はオープンにしたほうがいいと信じ込んでいました。

 

だから、自分の貯金額や月々のサラリーの話までしたわけです。

 

ところが、夫婦仲が順調の時にはお金の話なんかは問題にはならなかったのに、ギクシャクしてくるとお金絡みの話が一番の面倒事になります。

 

そして、離婚が決まった後には、お金をどうやって分けるかが一番の揉め事になりました。

 

特に、生命保険です。

 

結婚後に保険に加入すると、何かあったときの保険金の受取りは配偶者の名前を書くのが自然だと考えていました。

 

でも、離婚となるとそのままというわけにはいきません。

 

契約内容の書き換えが必要になるのです。

 

また、誰が保険金を払っていたかも争点になりました。

 

私が払い続けていた生命保険を解約して払戻金を折半するように言われた時にはカチンときました。

 

確かに受取人は配偶者の名前にしたのは私です。

 

でも、支払いは100パーセントで私なのです。

 

それを解約しろなんて、指図される覚えはないと言い合いになりました。

 

結局、受取人は自分の母親に書き換えたのです。

 

夫婦の縁は切れますが、親子の縁はきれないだろうと考えた結果です。

 

幸いに、この保険のトラブルは一契約だけだったので助かりました。

 

いくつもの契約があったなら、本当に面倒なことになっていたと思います。

 

そして、私が学んだことは、お互いに家計を担う覚悟を持つことは必要だけど、それぞれの貯蓄に関しては報告しないほうが後々のためになるということです。

 

共有しているからこそ、揉めるわけですね。

 

例えば、私の親の介護にお金が必要になったとき、家計からお金を出すよりも自分名義の貯金から捻出したほうが揉めません。

 

子供に関するお金の掛け方も意見の相違が生じたときに、自分の裁量で出せるお金があったほうが絶対にいいです。

 

お金に関する隠し事はないほうが相手に対して誠実だと考えていたのは間違いでした。

 

夫婦で居続けるにしても、あまりオープンにするのでは自分を守りきれないと今では承知しています。

 

開き直られそうで怖い

 

主人が浮気をしています。

 

証拠は挙がっていて、もう確実です。

 

まず、主人のスマホを確認したところ、出るわ出るわ、イヤらしい男女のやりとりが。

 

中には、卑猥な画像も入っていて、相当お熱い様子がうかがえます。

 

あと私の友人が、ホテル街を腕を組みながら歩いている現場を目的しているため、もはや言い逃れはできません。

 

その様子はさながらカップルのようで、会社の同僚とか、得意先の社員とかではなさそうだったとのこと。

 

で、普通の夫婦なら、ここで追求し金輪際浮気をしないように、約束させると思うのですが・・。

 

そうもできない自分がいます。

 

もしも、ここで開き直られたら・・。そう考えると、怖くて追求できないんですよね。

 

だってそうじゃないですか?

 

仮にですよ、「お前とはもう別れる。

 

慰謝料はしっかりと払うから、もうこれで終わりにしよう」なんて言われてもみてください・・。

 

つまり、私は、主人のことを今でも想っているわけであり、もっと言えば依存しているといってもいいかもしれません。

 

ココで離婚なんかして、新たな人生を歩んでいくことを考えると・・。正直、自信がありません。

 

離婚をするとなると、再就職をしなければなりませんし、新しいパートナーを見つけなければなりません。

 

年齢が年齢だけに、そういうことがなかなか難しくなってきており・・。

 

そういうのも踏まえて、なかなか浮気を追求できないんですよね。

 

この歯がゆさというか、ジレンマというか・・。

 

皆さんは、旦那さんが浮気をしていたら、すぐに問いただしますか?

 

その際、開き直りや逆ギレをされたら、どう対処しますか?

 

私はそのあたりの駆け引きがものすごく下手で、相手に謝らせるような、流れにもっていくことができません。

 

ただただ怯えるばかりで、場合によっては浮気をさせてしまったのには、自分にも原因があるんじゃないか?とか、ネガティブな事ばかりが頭をよぎってきます。

 

悩んだ結果、調査会社に素行調査をしてもらい弁護士を立てて裁判をやることにしました。

 

今は別居して、調停を行っているところです。

 

ランキング

アビリティオフィス町田
警視庁での25年の経験と実績を調査に活かし結果に執着するプロ集団です。
町田・相模原エリアで調査を18年以上行っている老舗の会社。
今までの依頼者からの紹介も多く、一番良い方法をアドバイスしてくれます。
40歳〜50歳のベテランばかり。調査手段も熟知しています。
料金が安いのも紹介が多い理由の1つ。
浮気調査の料金も他社と比較して、かなり安い料金で行っています。

会社 アビリティオフィス町田
住所 神奈川県相模原市南区上鶴間本町2−38−16−207
電話 0120−89−1237
注意 ★非通知・公衆電話 不可
公式サイト アビリティオフィス町田
探偵業届出証明書番号 第45070053
最寄り駅

小田急線・横浜線(町田駅より徒歩8分)
小田急線(相模大野駅より徒歩7分)

 

電話

page top